家族に内緒で借金!悩む借金の告白!打ち明けるべきか!?


家族に言えないままに人生初の借金

年齢/性別職業
30代/男性会社員
借入先借金
プロミス80万円

 

数年前、借金をもう少しで完済と言う所で本当にしょうもないことからばれてしまいました。

 

 

借金の理由は会社を退職し、次の仕事を探しながら失業保険で食い繋いでいたのですが、家賃や光熱費や家族分の出費が重なるにつれ預貯金に手をつけずにいられなくなりました。

 

 

そもそも、退職も予定していない急な事情だったし、退職前に車を一括で買ったので預貯金も多くは残ってなく悪いタイミングが重なった状態で気が気じゃありませんでした。

 

 

ようやく、仕事が見つかり入社月と初回の給与の振り込み日を確認したら、どうしても生活費が足りない状態でした。

 

 

男のプライドが邪魔をして家族に言えないままに人生初の借金の選択をしました。

 

 

前の職場で同じような状況で借金経験のある、仲の良かった友達に聞いて正直どこも大差ないと思っていたので彼と同じところで借りました。

 

 

家族にバレたくなかった

 

家族にバレないようにした理由は、一家の大黒柱がお金のやりくりを出来ていない事を知られてくないからと、単純に心配をさせたくなかったからの2点です。

 

 

転職して次の会社は前の会社より少し給与が落ちるからと言っていて、その差額分を返済に充てて、給与明細も通帳も一切誰にも見せないようにしていましたし。

 

お金の管理が苦手な妻なので、私が収支のバランスを取ることを歓迎してくれているのが長期にわたってバレなかった理由です。

 

 

振り込みも忘れずに毎回して、督促や郵送物や電話なども来るリスクを減らしていました。

 

 

マメにパソコンから会員ログインし返済の額が減っていることもチェックしこの嫌な期間を早く乗り越えたい一心でした。

 

 

自分で言うのもなんですが、かなり神経質でバレない工作は完璧に近い自信があったのですが、バレたきっかけは本当に些細なケアレスミスで人為的なモノでした。

 

私は借金の残高の確認をリビングにおいてある自分のノートパソコンからしていました。

 

 

家事をしている妻の動きを見ながら、ササッと見て確認し、妻が近づくと別のページを開いて見れないようにしていました。

 

 

見ている時間も短く決してバレないと自負していました。

 

 

一瞬の期のゆるみで借金がバレた

 

ある日、いつもと同じように残額を確認したらようやくあと3回で支払いが終わるくらいになり感無量になりその画面を見ながらコーヒーを飲んで一人で喜びに満ち溢れていました。

 

 

暫く操作せずにパソコンを見ているだけで放置していると切電画面に暗転しました。

 

 

一息つこうとトイレに行き、リビングに戻った時に不思議そうにノートパソコンを覗いている妻がいました。

 

 

昼食の準備でテーブルを拭いているときに、私のパソコンをずらそうとしてマウスか何かに手が触れて、暗転していた画面が解除されてしまったようです。

 

 

機械関係が苦手な妻でも画面の文字の意味くらいは分かるようで、数年隠してきた借金の事実がほんの気の緩みと十数秒の事でバレてしまいました。

 

 

バレて借金の理由と心配かけたくないから黙っていた事、誓ってこれ以外に借金はなく、もう3回で完済できる事を詫びとともに正直に話すとあっさりと許してくれました。

 

 

借金する前に話してくれなかった事だけが寂しいと言われ、怒らせるよりも悲しませてしまい、私にとってもそれが辛かったです。

 

 

でもどこかで言えるキッカケになってよかったのかもとも思っています。現状では借金は全て完済し、それ以降に新たな借金はしていません。

 

 

現在では借金返済額をそのまま貯金して今後の急な支出があった時にも対応できるように整えています。

 

 

またこれからも通帳やお金の管理は私がしていますが、給与明細と口座にいくらあるのかは必ず見せるようにしています。

 

 

隠していたことで心配をかけたなら知っていてもらうことで心配も解消し必要な時には出来る協力をしてもらって一緒に乗り越えていくようにしています。

一瞬の気の緩みで、バレずに返済できたはずの借金がバレました

一瞬の気の緩みで、バレずに返済できたはずの借金がバレました

とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。
一瞬の気の緩みで、バレずに返済できたはずの借金がバレました
一瞬の気の緩みで、バレずに返済できたはずの借金がバレました

とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。