家族に内緒で借金!悩む借金の告白!打ち明けるべきか!?


妻に借金の告白を決意

<
年齢/性別職業
40代/男性会社員
借入先借金
ライフカード210万円
楽天カード80万円
ニコスカード150万円
ジャックスカード50万円

 

私の借金は、全て見込みから始まっています。給料が給料日に入るのは当たり前、ボーナスが出るのも当たり前。毎年、昇給があるのも当たり前。会社に入社して20年間ずっと、そう思っていました。

 

 

住宅ローン、税金の支払い、教育費。お金のやりくりは、私が行っていたのですが、自転車操業の生活を8年行い、いよいよ限界がきました。

 

 

もう妻に言うしかない。そう決意した夜、妻にその借金の経緯と今の支払い状況を全て正直に話しました。

 

 

妻には、なぜもっと大火事になる前に言ってくれなかったのかを聞かれました。

 

 

確かに正論だったのですが、当時は、自分自身の小さなプライドと必ず返せると言う根拠のない自信があったので言えませんでした。

 

 

妻に債務整理を勧められる

 

借金をしていると言う事実を恥ずかしくて話せなかったのかも知れません。それでも、毎月の収支のバランスが限界だった当時、債務整理の相談の話が妻から出ました。

 

 

でも、私は小さなプライドからか債務整理はしたくない、自力で何とか返済すると言う思いを伝えました。しかし、それでは生活は出来ません。

 

 

そんな所から、夫婦での喧嘩は絶えなくなり、職場でも、何か集中出来ず途方に暮れる毎日。会社にいても、家へ帰ってもリラックス出来る場所は、ありませんでした。

 

 

そこで、借金を自力で返す為に、本業は本業として行いつつ、深夜に掃除のアルバイトをしようと決意し、妻には内緒で、本業での泊まりが増える変わりに、残業代が増えるから、その増えた分で返済すると伝えました。

 

 

それは、妻に借金の為にアルバイトをすると言うのが恥ずかしかったからです。この期に及んで、まだ小さなプライドがあったのです。

 

 

しかし、深夜のアルバイトで収入は増え、借金に充てられた分、家族との時間が、どんどん減っていき、いつしか借金の為に働いている人生となり、妻とも会話をする事が無くなっていきました。

 

 

借金返済の為に、このままでは家族が崩壊してしまう。でも、どうする事も出来ない。

 

 

そんな思いのまま、三か月が過ぎた時、私が行っていた深夜アルバイトが、知人が目撃していた様で、妻にバレてしまいました。

 

 

そこでまた、夫婦喧嘩です。そして、今までのストレスもあって、夫婦喧嘩が止まりませんでした。気が付くと私も妻も泣いていました。

 

 

妻は私の体を心配し、家族の行く末を心配し、私は私で、借金を返すまで、弱音を吐かないと決めていた事にストレスを感じていました。

 

 

私も妻も、久々の夫婦の会話が、大喧嘩となり、感情が出てしまったのだろうと思います。

 

 

怒り、悔しさ、情けなさ、反省、全ての感情だったのだろうと思います。

 

 

その後、冷静になり、久々に夫婦で今後の事を話しました。

 

 

その結論は、今回の事で、いろいろ経験した事で、何が一番、大切なのかがわかったと言う事でした。家族であり、生き方への誇りでした。

 

 

だとするならば、家族で笑顔で、もう一度、再スタートを切る為にも、債務整理の相談をして、出された条件を誰が背負うのではなく、夫婦の問題として、半分ずつ背負って、前へ進もうと言うのが、私と妻の出した答えでした。

 

 

借金をしないに越した事はありませんが、借金によって得たものもまた沢山あった様に思います。

 

 

マイナスをプラスに持っていくエネルギーは一人では大変ですが、家族となら可能だとわかりました。そういう意味では感謝なのかも知れません。

妻に内緒で8年間借金を隠し続けた結果

妻に内緒で8年間借金を隠し続けた結果

とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。
妻に内緒で8年間借金を隠し続けた結果
妻に内緒で8年間借金を隠し続けた結果

とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。